前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

1936 re(6):タイトル名と画像の取得方法
2023/5/16(火)23:16 - Artin. - 324 hit(s)

引用する
現在のパスワード


検討しましたが、これについては以下の理由から難しいです。

・型番がファイル名ポリシーの任意項目なので、型番をポリシーから外した場合に
 動作しないこと。
・タイトルごとにベースのファイル名を決定して枝番ごとに付加するコードなので、
 末尾以外に枝番を入れられるようにはなっていないこと。

先のファイル名事後処理用スクリプトで、正規表現によって型番と枝番を抽出して
リネームすることはできるかもしれませんがポリシーに依存するので汎用化は難しいです。

型番が先頭につく前提なら以下のようなスクリプトを追加すればできるかもしれません。
(テストしてません)

$filepath = [System.IO.Path]::GetDirectoryName($file)
$fileext = [System.IO.Path]::GetExtension($file)
$filename = [System.IO.Path]::GetFileNameWithoutExtension($file)

if($filename -match '^(?<productcode>[0-9]*[A-Z]+-[0-9]+)(?<title>.*)\s(?<subindex>[A-Z])$')
{
$newfilename = $Matches["productcode"]+$Matches["subindex"]+$Matches["title"] + $fileext
$newfilename = Join-Path $filepath $newfilename
[System.IO.File]::Move($file,$newfilename)
}

枝ファイルごとに画像を保存するコードを使っている場合は、変数を矛盾なく
する必要があります。


〔ツリー構成〕

【1930】 タイトル名と画像の取得方法 2023/5/4(木)09:01 名無し (187)
┣【1931】 re(1):タイトル名と画像の取得方法 2023/5/8(月)14:16 Artin. (250)
┣【1932】 re(2):タイトル名と画像の取得方法 2023/5/8(月)16:27 Artin. (194)
┣【1933】 re(3):タイトル名と画像の取得方法 2023/5/8(月)20:28 名無し (66)
┣【1934】 re(4):タイトル名と画像の取得方法 2023/5/10(水)20:49 Artin. (236)
┣【1935】 re(5):タイトル名と画像の取得方法 2023/5/14(日)06:31 名無し (301)
┣【1936】 re(6):タイトル名と画像の取得方法 2023/5/16(火)23:16 Artin. (1091)
┣【1937】 re(7):タイトル名と画像の取得方法 2023/5/18(木)21:27 名無し (87)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.